投資競馬でリスクを抑えるためには

中央競馬は1年で3000レース以上行われて、膨大なデータ積み重なっていて、このデータを印象でなく数字で分析して、勝ち傾向にある1番人気馬と負け傾向の1番人気馬分別ができます。勝ち傾向の1番人気馬かい続けて、はずれ馬券買う確率下がって回収率100%以上にすることができます。負け傾向の1番人気馬つかむことで2番人気以下の高オッズ馬券ねらうこともできます。このため1番人気馬が勝ち傾向にあるか負け傾向か推測するのが競馬の大事なポイントです。マーチンゲール法はかけて負ければ次は倍かけることを繰り返して1回でも勝利すれば赤字にならない方法とされています。これを競馬応用することできますが。よく理解してから出なくて破綻します。そして、この方法は連敗することであっという前に掛け金高額になり、馬券の最低購入額の100円から始めても5回連続まければ3100円、10回で102300円となり、これ以降勝利しても回収すること難しいです。15回連続で負けるなどと思ったりしますが、十分あり得るのです。そして、単に1番人気馬の単勝馬券を買い続けたら1年待たず破綻するのです。マーチンゲール法を使って競馬攻略は不可能かといえば可能です。一般的投資はなるベルリスク低く抑えて5%程度の利回りも止めやります。利回り5%は回収率105%で1万円投資したのが10500円になります。たった5%と思いますが、投資で継続的に黒字収支にはそれだけ難しいです。ですが、競馬はほかの投資と異なり、趣味目的でする人多くいて投資目的でしてる方が少なく回収率105%になるようプランニングすることはほかの投資と比較して難しくないです。マーチンゲール法の一番の特徴は負け計上してリスク軽減します。負け計上するのはマーチンゲール法もちい倍かけしていって、あらかじめ設定した負け額にたっしたら諦め1からかけ始めます。こうして連敗したときのリスク大幅減らせます。ですが、単にすべての1番人気馬でこれ実践しても回収率70%程度です。これを解決するには、勝率向上させるかオッズ向上させるかです。そして、競馬はいろいろパターンのレースがあって、1つの方法、考え方でレース馬券買ってないでしょうか?1つの方法で対応できればいいですが、競馬必勝本で、それに成功した話ほぼ聞いたことないです。100%んの勝率で勝てる方法などあり得ます。原因は1つのロジックで作った方法ですべてのレース馬券あてようとしてるからではありませんか?どういうレース人も対応できる競馬必勝法作るの難しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です