スキャルピングの取引も可能な仮想通貨

金融投資には、色々な時間軸があります。長期的な視野に立って投資を続けていく方法もあれば、短期トレードもあるのです。中でもスキャルピングなどは、かなりの短期トレードである事は間違いありません。スキャルピングは、その短期トレードも可能なのです。

スキャルピングの主なメリットとは

短期トレードには色々なメリットがあります。例えば、利益が発生するまでの早さです。
FXでは、スワップポイントなどで長期的に取引する事はできますが、どうしても時間がかかります。基本的には数年単位など長期的な視野で取引していく事になるので、利益が生じるまでは時間がかかってしまうデメリットがあります。
それに対してスキャルピングなどの短期トレードは、かなり早いです。基本的には数分などの短期で決着を付けに行くので、速やかに利益を生み出すこともできます。
また短期であるだけに、損失額を限定する事もできます。数年ぐらいの長期的な取引になると、どうしてもレートが動く幅も大きくなるので、損失額も高めになってしまうのです。その点スキャルピングは、かなり短期で取引を行っていきますから、リスクを抑える事はできます。

仮想通貨ならスキャルピングは可能

それで仮想通貨の場合、そのスキャルピングが可能というメリットがあります。それに注目して、FXでなく仮想通貨を始めようと思っている方も多いです。
実はFXなどの金融商品は、スキャルピングが難しいケースがあります。短期的な売買で取引してしまうと、金融業者での口座が凍結されてしまう事があるのです。
というのもスキャルピングは、どうしても売買頻度が多くなります。あまり頻繁に売買をしますと、金融業者のサーバーに対する負荷が大きくなってしまうので、口座凍結になってしまうケースは実際あるのです。ですが仮想通貨の場合、スキャルピングを認めている業者も多いです。

仮想通貨の取引所の手数料と約定力に注目

ただしスキャルピングで仮想通貨の取引をするなら、取引所はよく選ぶべきです。超短期的な売買になると、手数料の差は決して軽視できません。どうしても取引の頻度が多くなりますから、わずかな手数料の差でも軽視できない金額になる事も多いです。
それと取引所の約定力もポイントになるでしょう。スキャルピングのような短期売買ですと、約定スピードが遅いのは少々困ります。スピードが求められるので、約定力が優れている業者を選んでおく方が良いでしょう。約定拒否が無いかどうかも、取引所選びのポイントの1つになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です